学術投稿論文

  • Yuta OJIMA, Shogo MIYATA, “Discrimination methodology of living-cells and microbeads using dielectrophoresis and fluid-induced shear force”, , submitted
  • 大井俊史,宮田昌悟, “単相ゲル内での境界面の創製を目的とした分化培養デバイスの開発”, , submitted
  • 奥田祐也,小西励,宮田昌悟, “周期的圧縮刺激培養が再生軟骨組織の異方性に与える影響”, 日本機械学会論文集A編,accepted
  • 横山靖治,宮田昌悟, “関節軟骨への衝撃力負荷装置の開発と衝撃力負荷後の生体外における経時変化”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 第33巻,pp.27-34
  • 山崎慎也,宮田昌悟, “IL-1β添加が関節軟骨の材料特性に与える影響と生体外培養における経時変化”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 第33巻,pp.35-40
  • Shogo MIYATA, Yu SUGIMOTO, “Control of Cellular Organization Around Collagen Beads Using Dielectrophoresis”, Intel Autom Soft Comp, Vol.18 (2), pp.177-186(2012)
  • 宮田昌悟,小松祥尭, “誘電泳動チップを用いた軟骨細胞の分化・脱分化状態の識別”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 第32巻,pp.21-26(2011)
  • 宮田昌悟,堂籠法光,牛田多加志,立石哲也, “酵素処理による選択的な構成成分の変化が軟骨の動的粘弾性に与える影響”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 第32巻,pp.89-96(2011)
  • 横山靖治,宮田昌悟, “過大な圧縮変形荷重にさらされた関節軟骨の材料特性と生体外培養による経時変化”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 第32巻,pp.83-88(2011)
  • 長井篤,宮田昌悟,斉藤万里雄,小茂鳥潤,小尾晋之介,難波洋司,小山尹誉, “L929線維芽細胞の増殖性と接着性に及ぼす基材表面の微細凹凸形状の影響”, 日本機械学会論文集A編,第77巻,pp. 544-551(2011)
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, ” Evaluation of negative fixed-charge density in tissue-engineered cartilage by quantitative MRI and relationship with biomechanical properties”, Trans ASME J Biomech Eng, Vol. 132 (7), pp071014(2010)
  • 竹内嘉隆,宮田昌悟, “誘電泳動を応用した細胞集積化技術の確立と再生軟骨への応用”, 日本機械学会論文集C編,第76巻,pp. 177-180(2010)
  • 古川克子,遊見釣,,宮田昌悟,立石哲也,里見忠篤,牛田多加志,”旋回培養によるスキャフォールドフリー再生軟骨の粘弾性特性評価”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌,第31巻,pp.165-169(2010)
  • 中谷駿介,関野正樹,大崎博之,関野正樹,宮田昌悟,”軟骨細胞含有コラーゲンゲルに対する磁場印加の組織再構築に与える影響”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌,第31巻,pp.165-169(2010)
  • Shogo MIYATA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, ” Influence of Cartilaginous Matrix Composition on the Viscoelastic Response of Chondrocyte/Agarose Constructs Under Dynamic Compressive and Shear Loading”, Trans ASME J Biomech Eng, Vol. 130 (5), pp051016(2008)
  • 宮田昌悟,沼野智一,本間一弘,立石哲也,牛田多加志,” Quatitative-MRIによる再生軟骨の 組織成熟度評価”, 日本臨床バイオメカニクス学会誌,第28巻,pp41-46(2007)
  • Shogo MIYATA, Tomokazu NUMANO, Kazuhiro HOMMA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, ” Feasibility of Noninvasive Evaluation of Biophysical Properties of Tissue-Engineered Cartilage by Using Quantitative MRI”, J Biomech, Vol.40, pp2990-2998(2007)
  • 宮田昌悟,古川克子,牛田多加志,立石哲也,”酵素処理による構造変性が 関節軟骨の粘弾性に与える影響”,日本臨床バイオメカニクス学会誌,第27巻,pp23-27(2006)
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Katsuko FURUKAWA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Assessment of Fixed Charge Density in Regenerated Cartilage by Gd-DTPA – Enhanced MR Imaging”, Magn Reson Med Sci, Vol. 5(2), pp73-78(2006)
  • 宮田昌悟,本間一弘,古川克子,立石哲也,牛田多加志,”NMRスペクトロスコピーによる 再生軟骨の組織評価手法の確立”,日本機械学会論文集C編,第72巻, pp223-228(2006)
  • Shogo MIYATA, Tetsuya TATEISHI, Katsuko S FURUKAWA, Takashi USHIDA, “Influence of Structure and Composition on Dynamic Visco-Elastic Property of Cartilaginous Tissue: Criteria for Classification Between Hyaline Cartilage and Fibrocartilage Based on Mechanical Function”, JSME International Journal:C, Vol. 48(4), pp547-554(2005)
  • 宮田昌悟,古川克子,牛田多加志,立石哲也,”培養軟骨組織の動的粘弾性および その二相理論力学モデルによる解析”,日本臨床バイオメカニクス学会誌,第26巻,pp7-11(2005)
  • Shogo MIYATA, Katsuko S FURUKAWA, Takashi USHIDA, Yasuo NITTA, Tetsuya TATEISHI, “Static and Dynamic Mechanical Properties of Extracellular Matrix Synthesized by Cultured Chondrocytes”, Materials Science and Engineering: C, Vol. 24(3), pp425-429(2004)
  • 宮田昌悟,牛田多加志,陳国平,新田康雄,立石哲也,”再生軟骨の力学的特性に関する研究”, 日本機械学会論文集A編,第69巻,pp90-94(2003)

国際会議(査読付),国際シンポジウムなど

  • Shogo MIYATA, Sho TANAKA, Yuta OJIMA, “Discrimination between ES cells and feeder cells using dielectrophoresis”, Proc. of 3rd TERMIS World Congress , (Sep 5-8, 2012, Vienna, Austria)
  • Shogo MIYATA, Ayako KUNO, Yasuharu YOKOYAMA, “Effect of mechanical damage on material property of cartilage explants and recovery process by ascorbic‐acid supplementation during in vitro culture”, Proc. of 4th International Conference on the Mechanics of Biomaterials , (Dec 11-14, 2011, Hawaii, USA)
  • Shogo MIYATA, Yoshitaka TAKEUCHI, “Reconstruction of mechanically anisotropic cartilaginous tissue by dielectrophoresis‐based cell patterning”, Proc. of 4th International Conference on the Mechanics of Biomaterials , (Dec 11-14, 2011, Hawaii, USA)
  • Shogo MIYATA, Yu SUGIMOTO, “CONTROL OF CELLULAR ORGANIZATION AROUND COLLAGEN BEADS USING DIELECTROPHORESIS”, Proc. of 2010 World Automation Congress, (Sep 19-23, 2010, Kobe, Japan)
  • Tetsuya KOBAYASHI, Ryo SUDO, Shogo MIYATA, Mariko IKEDA, Kazuo TANISHITA, “Development of Dielectrophoretic Cell Patterning for Tissue Engineering”, 1st Keio-Korea Univ. International Symposium on Microfluidics & Tissue Engineering, (Jul 26, 2010, Yokohama, Japan)
  • Shunsuke NAKATANI, Masaki SEKINO, Hiroyuki OHSAKI, Shogo MIYATA, “CONTROL OF FIBER ALIGNMENT IN COLLAGEN GEL BY STATIC MAGNETIC FIELD AND EFFECT OF THAT ON ECM SYNTHESIS OF ARTICULAR CHONDROCYTES”, Proc. of 56th Annual Meeting on Orthopaedic Research Society, (March 6-9, 2010, New Orleans, USA)
  • Shogo MIYATA, Yoshitaka TAKEUCHI, “Microscale Organization of Chondrocyte Array in Hydrogel by Dielectrophoresis”, Proc. of World Congress 2009 on Medical Physics and Biomedical Engineering, (September 7-12, 2009, Munich, Germany)
  • Shinji NOBUHARA, Hiroshi YAMADA, Shogo MIYATA, ” The Effect of Temperature on the Morphology of Fibroblasts in a Collagen Gel in Nutrient-free Medium”, Information Technology Applications in Biomedicine 2008 (May 30-31, 2008, Shenzhen, China)
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro Homma, Tomokazu Numano, Tetsuya Tateishi, Takashi Ushida, “Evaluation of Biophysical Properties of Tissue-Engineered Cartilage by Quantitative-MRI”, Proc. of 1st Asian Biomaterials Congress, pp110 (December 6-8, 2007, Tsukuba, Japan)
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Assessment of permeability and hydration of tissue-engineered cartilage using diffusion-MRI”, Proc. of 3rd Asian Pacific Conference on Biomechanics, S182 (November 5-8, 2007, Tokyo, Japan)
  • Shogo MIYATA, Tomokazu NUMANO, Kazuhiro HOMMA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Evaluation of Permiability and Water Content of Tissue-Engineered Cartilage Using Quantitative-MRI”, Proc. of 6th Combined Meeting of the Orthopaedic Research Societies, P390 (October 20-24, 2007, Hawaii, USA)
  • Akira TSUKAMOTO, Kei TANAKA, Tatsuya KUMADA, Yoshiaki WATANABE, Shogo MIYATA, Katsuko FURUKAWA, Takashi USHIDA, “Diffusion Coefficient in Hydrogel Under High-Frequency Ultrasound”, Proc. of 2007 APS March Meeting (March 5-9, 2007, Colorado, USA)
  • Shogo MIYATA, Tetsuya TATEISHI, Katsuko FURUKAWA, Takashi USHIDA, “Dynamic Viscoelastic Response of Articular Cartilage Under Shear and Compressive Loading Following Enzymatic Treatment”, Proc. of 5th World Congress of Biomechanics, (July 29-August 4, 2006, Munich, Germany)
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Katsuko FURUKAWA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Assessment methodology of mechanical functions of engineered cartilaginous tissue using quantitative MRI”, Proc. of 5th World Congress of Biomechanics, (July 29-August 4, 2006, Munich, Germany)
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Katsuko FURUKAWA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Prediction of Biomechanical and Biochemical Properties of Tissue-Engineered Cartilage Using Gadolinium-Enhanced MRI”, Proc. of ASME Summer Bioengineering Conference, (June 21-25, 2006, Amelia Island, USA)
  • Shogo MIYATA, Kohei MATSUI, Katsuko FURUKAWA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Viscoelastic Behabior of Articular Cartilage Under Dynamic Shear and Compressive Loading Following Enzymatic Treatment”, Proc. of 52nd Annual Meeting on Orthopaedic Research Society, (March 19-22, 2006, Chicago, USA)
  • Shogo MIYATA, Tomokazu NUMANO, Katsuko FURUKAWA, Kazuhiro HOMMA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Prediction of Static and Dynamic Biomechanical Properties of Tissue-Engineered Cartilage Using Quantative MRI”, Proc. of 52nd Annual Meeting on Orthopaedic Research Society, (March 19-22, 2006, Chicago, USA)
  • Shogo MIYATA, Kohei MATSUI, Katsuko FURUKAWA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA “Effect of Specific Enzymatic Treatment on Visco-Elasticity of Articular Cartilage”, Proc. of The 12th International Conference on Biomedical Engineering, PS3-12, (December 7-10 2005, Singapore)
  • Shogo MIYATA, Tomokazu NUMANO, Katsuko FURUKAWA, Kazuhiro HOMMA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA, “Assessment of Mechanical Properties of Engineered Cartilaginous Tissue Using Quantitative MRI”, Proc. of 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering, (April 24-27, 2005, Tsukuba, Japan)
  • Shogo MIYATA, Katsuko FURUKAWA, Takashi USHIDA, Tetsuya TATEISHI, “Influence of Biochemical Composition on Dynamic Visco-Elastic Property of Chondrocyte/Agarose Construct”, Proc. of The IASTED International Conference on BIOMEDICAL ENGINEERING, pp515-518, (February 16-18, 2005, Innsbruck, Austria)
  • Shogo MIYATA, Katsuko FURUKAWA, Takashi USHIDA, Tetsuya TATEISHI, “Dynamic Visco-Elastic Property of Chondrocyte/Agarose Constructs and Its Comparison with That of Native Cartilage”, Proc. of First Asian Pacific Conference on Biomechanics, pp215-216 (March 25-28, 2004, Osaka, Japan)
  • Shogo MIYATA, Yasuo NITTA, Takashi USHIDA, Tetsuya TATEISHI, “Mechanical Property of in vitro Tissue Engineered Cartilage”, Proc. of 5th Asian Symposium on Biomedical Materials, (December 9-12, 2001, Hong Kong)

著書

  • Shogo MIYATA, “Non-invasive Evaluation Method for Cartilage Tissue Regeneration Using Quantitative-MRI”, In: Jamie DAVIES (Ed.), Tissue Regeneration – From Basic Biology to Clinical Application, INTECH, pp.473-488
  • 宮田昌悟,牛田多加志,沼野智一, “MRIによる陰性電荷イメージングを用いた再生軟骨の非侵襲機能評価システム”, In: 中谷電子科学技術振興財団年報 Vol.22, 中谷電子科学技術振興財団[編], pp67-70
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Takashi USHIDA, Tetsuya TATEISHI, “Non-invasive Evaluation Technique for Cartilage Tissue Engineering”, In: Tetsuya TATEISHI (Ed.), Biomaterials in Asia, World Scientific Pub, pp482-493
  • Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Katsuko FURUKAWA, Tetsuya TATEISHI, Takashi Ushida, “Evaluation of Material Property of Tissue-Engineered Cartilage by Magnetic Resonance Imaging and Spectroscopy”, In: Hiroshi Wada (Ed.), Biomechanics at Micro- and Nanoscale Levels Volume III, World Scientific Pub, pp107-117
  • 宮田昌悟, “変形性関節症の早期発見を目指すガドリニウム造影MRI診断技術に関する基礎的研究”, In: 2005年研究成果報告書集 Vol.11, 三井住友海上福祉財団[編], pp147-149

招待講演・シンポジウム

  • 宮田昌悟, 本間 一弘, 沼野 智一, 立石 哲也, 牛田 多加志, “再生軟骨の組織構造と力学特性のMRIによる非侵襲評価法”, 第34回日本臨床バイオメカニクス学会・シンポジウムⅢ「再生組織とバイオメカニクス」, 2007(東京,12月7-8日)
  • 宮田昌悟, “再生医療工学におけるMRI”, 第1回オルガノイド研究会, 2007(つくば,3月2日)
  • 牛田多加志,宮田昌悟,古川克子,立石哲也, “軟骨組織の動的粘弾性と組織構造 - 再生軟骨組織の機能評価を目指して -“, 第33回日本臨床バイオメカニクス学会・シンポジウム2「軟骨のバイオメカニクス」,2006(新潟,11月3-4日)
  • 宮田昌悟, “培養軟骨のMR/粘弾性による評価”, 26th SHI研究会, 2004(茨城,7月27日)

受賞

  • 2011年日本臨床バイオメカニクス学会学会奨励賞論文, 2011(神戸,11月18日)
  • 2010年日本材料学会学術奨励賞, 2011(大阪,5月26日)
  • 2009年日本機械学会学会賞(論文), 2007(東京,4月7日)
  • 第35回日本磁気共鳴医学会大会 Eポスター優秀大会長賞, 2007(神戸,9月27-29日)

口頭発表(国内学会)

  • 高橋佑和,宮田昌悟,竹内信也,”誘電泳動現象を用いた高容量細胞ソーティングシステム”, 第12回再生医療学会総会, 2013(横浜,3月21-23日)
  • 山下南実,宮田昌悟,井上肇,”誘電泳動を用いた血液成分の分離濃縮に関する基礎的研究”, 第12回再生医療学会総会, 2013(横浜,3月21-23日)
  • 倉科佑太,谷口健介,竹村研治郎,宮田昌悟,小茂鳥潤,小山尹誉,”超音波振動刺激を利用したウシ関節由来軟骨細胞の回収方法の検討”, 第12回再生医療学会総会, 2013(横浜,3月21-23日)
  • 大井俊史,宮田昌悟,”2種組織の境界面の創製を目的とした間葉系幹細胞の分化培養デバイス”, 第25回機械学会バイオエンジニアリング講演会, 2013(筑波,1月9-11日)
  • 宮田昌悟,杉本遊,”誘電泳動を応用した多階層細胞アセンブリ技術と皮膚組織再構築への展開”, 第25回機械学会バイオエンジニアリング講演会, 2013(筑波,1月9-11日)
  • 尾島雄太,宮田昌悟,”誘電泳動を用いた細胞識別法とガン診断チップへの応用”, 第23回機械学会バイオフロンティア講演会, 2012(青森,10月5-6日)
  • 宮田昌悟,田中祥,尾島雄太,竹内信也,”誘電泳動を応用したES 細胞培養系におけるフィーダ細胞の除去法に関する基礎的研究”, 2012年度日本機械学会年次大会, 2012(金沢,9月9-12日)
  • 宮田昌悟,田中祥,竹内信也,”誘電泳動現象を用いたES細胞とフィーダ細胞の分離技術に関する基礎的研究”, 第11回再生医療学会総会, 2012(東京,6月12-14日)
  • 中井創一朗,宮田昌悟,小茂鳥潤,”培養基材表面の生化学的修飾が細胞の流れ刺激応答性に及ぼす影響”, 第61期日本材料学会学術講演会, 2012(岡山,5月26-27日)
  • 宮田昌悟,杉本遊,”誘電泳動を応用した皮膚細胞の多階層アセンブリ技術”, 第51回日本生体医工学会大会, 2012(福岡,5月10-12日)
  • 尾島雄太,宮田昌悟,”誘電泳動力と流体せん断力を複合した細胞識別法の基礎的研究”, 第51回日本生体医工学会大会, 2012(福岡,5月10-12日)
  • 八木宏之,中田英夫,宮田昌悟,”オゾン/UV処理を用いた培養基材の表面改質と皮膚細胞のアレイ化”, 第3回日本複合材料合同会議, 2012(京都,3月7-9日)
  • 中井創一郎,宮田昌悟,小茂鳥潤,”流れによるせん断刺激と培養基材の表面特性が軟骨細胞の細胞骨格形成に与える影響”, 第3回日本複合材料合同会議, 2012(京都,3月7-9日)
  • 横山 靖治,宮田昌悟,”Dexamethasoneが衝撃力による軟骨組織損傷の回復に及ぼす効果”, 第24回機械学会バイオエンジニアリング講演会, 2012(大阪,1月8-9日)
  • Shogo MIYATA, Yoshitaka TAKEUCHI, “Chondrocyte-Patterning by Dielectrophoresis and Regeneration of Anisotropic Cartilaginous Tissue”, 第24回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会, 2011(山口,10月29-30日)
  • 大井俊史,宮田昌悟,小茂鳥潤,”軟骨細胞の形態および増殖性に及ぼす培養基材の表面改質と流れ刺激の複合効果”, 2011年度日本機械学会年次大会, 2011(東京,9月11-14日)
  • 大井俊史,宮田昌悟,小茂鳥潤,”表面改質を施した基材上での軟骨細胞の培養と流体せん断力による複合刺激の効果”, 第60期日本材料学会学術講演会, 2011(大阪,5月23-26日)
  • 尾島雄太,宮田昌悟,”誘電泳動を用いた細胞ソーティングのための基礎的研究”, 第50回日本生体医工学会大会, 2011(東京,4月28日-5月1日)
  • 奥田祐也,小西励,宮田昌悟,”周期的な圧縮変形刺激培養による再生軟骨組織への異方性の付与”, 第50回日本生体医工学会大会, 2011(東京,4月28日-5月1日)
  • 横山靖治,宮田昌悟,”生体外培養において過大な衝撃力印加が関節軟骨の組織構造と材料特性に及ぼす影響”, 第50回日本生体医工学会大会, 2011(東京,4月28日-5月1日)
  • 尾島雄太,宮田昌悟,”誘電泳動を用いた細胞ソーティングのための基礎的研究”, 第17期日本機械学会関東支部総会講演会, 2011(横浜,3月18-19日)
  • 竹内嘉隆,飯星 潤耶,宮田昌悟,”誘電泳動による細胞集積化が軟骨組織の再構築に及ぼす影響”, 第17期日本機械学会関東支部総会講演会, 2011(横浜,3月18-19日)
  • 渡邊 権人,小林哲也,宮田昌悟,須藤亮,池田満里子,谷下一夫,”肝微小組織再構築のための誘電泳動細胞パターニング”, 第17期日本機械学会関東支部総会講演会, 2011(横浜,3月18-19日)
  • 小西励,宮田昌悟,”マウス骨髄由来間葉系細胞の圧縮刺激培養による骨分化誘導”, 第10回再生医療学会総会抄録集, 2011(東京,3月1-2日)
  • 小林哲也,宮田昌悟,須藤亮,池田満里子,谷下一夫,”誘電泳動による細胞パターニング技術の開発と組織工学への応用”, 第10回再生医療学会総会抄録集, 2011(東京,3月1-2日)
  • 小林哲也,宮田昌悟,須藤亮,池田満里子,谷下一夫,”誘電泳動による細胞パターニング技術の開発と組織工学への応用”, 第23回機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2011(熊本,1月8-9日)
  • 杉本遊,宮田昌悟,”誘電泳動によるコラーゲンマイクロビーズへの細胞集積化技術および 3 次元培養組織への応用”, 第23回機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2011(熊本,1月8-9日)
  • 奥田祐也,小西励,宮田昌悟,”圧縮刺激の印加による再生軟骨組織への異方性の付与”, 第23回機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2011(熊本,1月8-9日)
  • 横山靖治,宮田昌悟,”過大な圧縮荷重を受けた軟骨組織の粘弾性と生体外培養による経時変化”, 第23回機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2011(熊本,1月8-9日)
  • 宮田昌悟,堂籠法光,牛田多加志,立石哲也,”酵素処理による選択的な構成成分の変化が軟骨の動的粘弾性に与える影響”, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集, 2010(京都,11月1-12日)
  • 宮田昌悟,小松祥尭,”誘電泳動チップを用いた軟骨細胞の分化・脱分化状態の識別”, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集, 2010(京都,11月1-12日)
  • 横山靖治,宮田昌悟,”過大な圧縮変形荷重にさらされた関節軟骨の材料特性と生体外培養による経時変化”, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集, 2010(松山,11月1-12日)
  • 小林哲也,宮田昌悟,須藤亮,池田満里子,谷下一夫,”Development of Dielectrophoretic Cell Patterning for Tissue Engineering”, 第49回日本生体医工学会大会抄録集, 2010(大阪,6月25-27日)
  • 小林哲也,宮田昌悟,須藤亮,池田満里子,谷下一夫,”誘電泳動による細胞パターニング技術の開発と組織工学への応用”, 第33回バイオレオロジー学会抄録集, 2010(和光,6月3-4日)
  • 杉本遊,宮田昌悟,”Control of cellular organization around collagen micro-beads using dielectrophoresis”, 第49回日本生体医工学会大会抄録集, 2010(大阪,6月25-27日)
  • 小西励,宮田昌悟,”力学的刺激の印加期間が軟骨組織の生体外再生に与える影響”, 第58期日本材料学会総会・学術講演会講演論文集, 2010(札幌,5月22-23日)
  • 小西励,宮田昌悟,”圧縮刺激が軟骨組織の再構築へ与える影響”, 日本機械学会関東学生会関東支部第49回学生員卒業研究発表講演会論文集, 2010(東京,3月10日)
  • 横山靖治,宮田昌悟,”過大な圧縮荷重が関節軟骨の組織構造と材料特性に及ぼす影響”, 第1回日本複合材料合同会議講演論文集, 2010(京都,3月9-11日)
  • 横山靖治,宮田昌悟,”過大な圧縮荷重を受けた軟骨組織の粘弾性と生体外培養による経時変化”, 第22回機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2010(岡山,1月9-10日)
  • 小松祥尭,竹内嘉隆,宮田昌悟,”継代による軟骨細胞の脱分化が細胞の誘電泳動特性に与える影響”, 第22回機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2010(岡山,1月9-10日)
  • 竹内嘉隆,宮田昌悟,”誘電泳動を応用した細胞集積化技術の確立と再生軟骨への応用”, 第22回機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2010(岡山,1月9-10日)
  • 中谷駿介,宮田昌悟,大崎博之,関野正樹,”軟骨細胞含有コラーゲンゲルに対する磁場印加の組織再構築に与える影響”, 第36回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集, 2009(松山,10月16-17日)
  • 宮田昌悟, 関野正樹, 大崎博之,”ADC測定におけるbiexponentialな信号減衰に着目した再生軟骨の微細構造評価の基礎的検討”, 第37回磁気共鳴医学会大会講演論文集, 2009(横浜,10月1-3日)
  • 長井篤,斉藤万里雄,宮田昌悟,小茂鳥潤,小尾晋之介,”L929線維芽細胞の増殖性・接着性に及ぼす基材表面凹凸形状の影響”, 第58期日本材料学会総会・学術講演会講演論文集, 2009(松山,5月22-24日)
  • 中谷駿介,宮田昌悟,大崎博之,関野正樹,”コラーゲンゲルの微細組織構造が軟骨細胞の細胞外基質産生に及ぼす影響”, 第58回日本材料学会総会・学術講演会講演論文集, 2009(松山,5月22-24日)
  • 宮田昌悟, 関野正樹, 大崎博之, 牛田多加志,”MRIを用いた再生軟骨の力学特性及び微細構造評価の可能性”, 第48回日本生体医工学会大会講演論文集, 2009(東京,4月23-25日)
  • 竹内嘉隆,宮田昌悟,”マイクロ細胞集積化デバイスを応用した再生軟骨に関する基礎的研究”, 第48回日本生体医工学会大会講演論文集, 2009(東京,4月23-25日)
  • 中谷駿介,関野正樹,大崎博之,宮田昌悟,”磁場を用いたコラーゲンゲルの微細構造制御と再生軟骨への応用”, 第8回日本再生医療学会総会講演論文集, 2009(東京,3月5-6日)
  • 宮田昌悟,牛田多加志,立石哲也,”酵素処理を用いた組織変性モデルによる関節軟骨の機械的特性評価”, 日本機械学会M&M2008材料力学カンファレンス論文集, 2008(滋賀,9月16-18日)
  • 宮田昌悟, 関野正樹, 大崎博之, 牛田多加志, “細胞・細胞外基質が軟骨における制限拡散現象に与える影響: q-space MRI測定による基礎的検討”, 第36回日本磁気共鳴医学会大会講演論文集, 2008(旭川,9月11-13日)
  • 延原伸治,高崎俊佑,山田宏,宮田昌悟, “栄養欠乏環境下でのコラーゲンゲル包埋線維芽細胞の共焦点および光学顕微鏡による形態観察”, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, 2008(横浜,8月3-7日)
  • 延原伸治,山田宏,宮田昌悟, “圧縮荷重作用下でのコラーゲンゲルマトリックス内の細胞の変形に関する有限要素解析”, 第20回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2008(東京,1月25-26日)
  • 宮田昌悟, 関野正樹, 大崎博之, 立石哲也,牛田多加志, “圧縮変形下における高含水組織の内部流体のMRIによるリアルタイム測定”, 第20回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2008(東京,1月25-26日)
  • 宮田昌悟,立石哲也, 牛田多加志, “酵素処理による選択的な組織変性が関節軟骨の動的粘弾性に与える影響”, 第20回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2008(東京,1月25-26日)
  • 本間一弘, 宮田昌悟, “再生軟骨のMRI評価”, 第5回生活支援工学系学会連合大会講演論文集, 2007(つくば,10月1-3日)
  • 宮田昌悟, 関野正樹, 大崎博之, 牛田多加志, “q-space MRIによる再生軟骨および関節軟骨の組織評価法”, 第35回日本磁気共鳴医学会大会講演論文集, 2007(神戸,9月27-29日)
  • 宮田昌悟, 本間一弘, 沼野智一, 立石哲也, 牛田多加志, “Diffusion-MRIを用いた再生軟骨 の組織透過性の評価”,第30回日本バイオレオロジー学会年会講演論文集, 2007(札幌,6月14-15日)
  • 阿川弘明,山田宏,宮田昌悟,”低酸素,低温,圧縮環境に曝された線維芽 細胞の共焦点レーザ顕微鏡観察”,日本機械学会九州支部第60期総会・講演会講演論文集, 2007(北九州,3月16日)
  • 宮田昌悟,本間一弘,古川克子,立石哲也,牛田多加志, “NMR spectroscopyによる分子構造レベルでの再生軟骨の組織評価法”, 第6回日本再生医療学会総会講演論文集,2007(横浜,3月13-14日)
  • 宮田昌悟,本間一弘,沼野智一,古川克子,立石哲也,牛田多加志, “MRIを応用した再生軟骨の固定電荷密度評価”, 第19回バイオエンジニアリング講演会講演論文集,2007(仙台,1月7-8日)
  • 宮田昌悟,沼野智一,本間一弘,古川克子,立石哲也,牛田多加志, “定量的MRIによる軟骨細胞-アガロース培養体の組織特性評価”, 第33回日本臨床バイオメカニクス学会,2006(新潟,11月3-4日)
  • 宮田昌悟,沼野智一,本間一弘,古川克子,立石哲也,牛田多加志,”Diffusion-MRIによる再生軟骨の機械的・生化学的組織評価”, 日本機会学会年次大会2006講演論文集,2006(熊本,9月18-22日)
  • 宮田昌悟,山田宏,立石哲也,牛田多加志,”繊維束構造を考慮したモデルによる再生軟骨の圧縮特性の数値解析”, 日本機械学会第18回バイオエンジニアリング講演会講演論文集,2006(新潟,1月13-14日)
  • 宮田昌悟,松井康平,古川克子,立石哲也,牛田多加志,”酵素処理による構造変化が関節軟骨の粘弾性に与える影響”, 第32回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集,2005(北海道,10月28-29日)
  • 宮田昌悟,沼野智一,本間一弘,古川克子,立石哲也,牛田多加志,”Gd-DTPA造影MRIによる再生軟骨の固定電荷密度評価”, 第33回日本磁気共鳴医学会大会講演論文集,2005(東京,9月28-10月1日)
  • 宮田昌悟,沼野智一,古川克子,本間一弘,立石哲也,牛田多加志,”培養軟骨組織のMRIによる機械的特性評価”, 第4回日本再生医療学会総会講演論文集,2005(大阪,3月1-2日)
  • 宮田昌悟,古川克子,牛田多加志,立石哲也,”培養軟骨組織の機械的特性および 二相理論力学モデルによる解析”,第31回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集, pp94, 2004(博多,11月12-13日)
  • 宮田昌悟,古川克子,牛田多加志,立石哲也,”軟骨細胞・アガロース培養体の動的粘弾性特性 およびその生体軟骨との比較”,日本機械学会関東支部 ブロック合同講演会講演論文集, 2004(宮代,9月10-11日)
  • 宮田昌悟,古川克子,牛田多加志,新田康雄,立石哲也,”培養軟骨組織の機械的特性 およびその組織構成成分との相関”,日本機械学会第16回バイオエンジニアリング講演会 講演論文集, pp441-442, 2004(小倉,1月22-23日)
  • 古川克子,井村勝亮,末永英之,沼田章子,宮田昌悟,牛田多加志,立石哲也, “細胞凝集による分化制御に着目した新規な再生軟骨・骨の試み”, 第2回日本再生医療学会総会講演論文集,pp64, 2003(神戸,3月11-12日)
  • 宮田昌悟,古川克子,牛田多加志,新田康雄,立石哲也,”培養軟骨細胞の産生する軟骨基質の力学特性 評価”,第2回日本再生医療学会総会講演論文集,pp188, 2003(神戸,3月11-12日)
  • 宮田昌悟,牛田多加志,新田康雄,立石哲也,”培養軟骨細胞の産生する軟骨基質の静的・動的力学特性”, 日本機械学会第15回バイオエンジニアリング講演会講演論文集,pp207-208, 2003(大阪,1月21-22日)
  • 宮田昌悟,牛田多加志,新田康雄,立石哲也,”再生軟骨の組織再生過程における力学特性の変化”, 日本機械学会第14回バイオエンジニアリング講演会講演論文集,pp19-20, 2002(東京,3月5-6日)
  • 宮田昌悟,牛田多加志,新田康雄,立石哲也,”再生靱帯用基盤材料の力学的特性に関する研究”, 日本機械学会第13回バイオエンジニアリング講演会講演論文集,pp50-51, 2001 (仙台,1月16-17日)
  • 宮田昌悟,牛田多加志,新田康雄,立石哲也,”再生靱帯用基盤材料の機械的特性に関する研究”, 第27回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集,2000 (つくば,11月16-17日)